ホーム > クライムの技術 > 技術開発の系譜

完璧や満足は、ない。
トライ&エラーを繰り返し、
技術は磨かれより磐石なものとなる。

クライムプロダクツの提供価値。
それは〝世界にただひとつのもの〟を追い求め具現化し、
社会に提示することだと考えています。
そのためにトライ&エラーを繰り返しながらも、
時代を前進させるための技術革新に果敢に取り組んできました。
この系譜に刻まれているのは、創業以来、
新たな試みにチャレンジし続けてきたクライムプロダクツの歩みです。

技術開発の系譜

クライムプロダクツ
製品リリース
SEAL & PCNC
技術開発トピックス
精密貼合機誕生
真空装置不要(普通環境下)で貼合が可能に。
2008
コンベヤ式貼合機誕生 吸着機能とラミネート機能を融合したコンベア式完成。

詳細

V-SE完成 ワーク吸着機能とダイヤフラムを兼ね、シンプルさと合理性を追求したラミネーター完成。
ロールと枚葉貼合機誕生 2007
ガラスtoガラス貼合機誕生 ガラスとガラスのラミネートを大気および真空中で可能にした機種開発。

詳細

5軸制御NCフライス盤開発
インプラント治療用として大学歯学部に採用決定。
枚葉にてハンドリング不可能な極薄フィルムとガクブチ状フィルムの貼合が可能に。 2006
超高精度フィルム用
貼合機誕生
2005
プラズマディスプレイ用
大型貼合機誕生
離れた位置のワークを別々に測定位置合わせラミネートする疑似絶対方式開発。50インチクラスのでも10ミクロン以下の精度で貼合できるラミネーター開発。 2004
2003
大判フィルム用
全自動貼合機誕生

オートアライメントを搭載し、自動剥離・自動供給を実現。
全自動機および自動剥離ロボット完成。積み上げたワークを1枚のみ取る供給装置完成。

詳細

2002
PCNC-328CL開発
プローブメーカーへ納入。
微細工具の位置合わせを画像処理で行うハイトプリセッター完成。

詳細

2001
1999
4軸同時制御
フライス盤開発

大学歯学部に納入。
エンドミルの抵抗をリアルタイムに測定しながら、変化に応じてオーバーライドで切削速度を加減するAVSMS完成。 1996
放射線影響評価の
検査用加工機開発

ホットラボの中で使用する放射線影響評価の検査用加工機として、東海村の日本原子力研究所へ納入。大洗研究開発センターへも納入。
ガンマ線の影響を避け電子部品をホットラボの外に出し、マニピュレータのみの操作を可能にした全自動テストピース加工機完成。

詳細

半自動貼合機誕生
液晶用偏光フィルム用に開発
1995
ジャイロ・バランサー搭載 1994
SEALブランド誕生
タッチパネル製造用に開発
1990
枚葉式貼合機
SEAL第1号機誕生
1986
小型NCフライス盤の
第2機開発

SEAL第1号機製造用に初代機器を改良
PCNCブランドの母体誕生
パノラマカメラ製造用として小型NCフライス盤を開発製作

詳細

1982
※関連業界の動きは、参考資料です。

ご相談・お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

クライムプロダクツ独自開発の高品位ラミネート機器から、極限までの省エネ・省スペースを実現した小型NCフライス盤まで、関連主要分野からの多様な潜在的ウォンツにONLY ONEの解決策をご提供していきます。まずはお気軽にお問い合わせください。